激減!?檀家離れの寺!

現在の檀家制度は、江戸時代に幕府にて作られた制度。現在も続いていた檀家制度に崩壊の危機が来ているという。従来の世帯では、祖父母・両親・孫などが大きな家で暮らしていたが交通手段が発展し、グローバル化が進む今、居住地もライフスタイルなど多様化し各家族化進んでいる。そのため、先祖からの檀家での供養が困難な時代となっている。

お寺の現状

苦悩する寺

日本各地には、多くの寺が存在するが多くの寺が収益が減り維持が困難斗なっているという。収益が困難なため副業をされるお寺も多い。困難となっているお寺は、地方に多く人口減少のあおりを受けていると思われる。その多くのお寺は、代々地域密着の良心的なお寺が多く、都心部の運営とは違うものに思われる。都心部に集中する人口を地方にも拡散することが、今後の日本にも急務であるのではと思う。

 

檀家離れの原因

各家族化

先にも述べたが、一番の原因はライフスタイルの多様化のように思う。グローバルとなり居住地も多様化となり遠方になるためであろう。

お布施

人口とは別に、お布施の多さに敬遠されているお寺も多くいる。民間企業の企業努力では、あえて価格を下げて薄利多売を戦略として行う企業も多い。お寺の経営も従来とは異なる手法にせざる負えない時期にも思える。

今後の世の中

未来については、誰も解らないがより良い未来を皆で考え実行することが出来れば良い世の中になって行くだろう。お寺についても、時代に合わせた負担の無い供養でありながらキチンと供養の出来る場を提供し敷居の高いイメージを脱却する世の中になってほしいと思っている。