お墓の種類|それぞれのメリット・デメリット

お墓の種類としてはいろいろなものがあります。

ここでは、お墓の種類とそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介しましょう。

お墓の種類

大きく分類すると、お墓は、基本的に公営墓地、民間墓地、共同墓地、永代供養墓の4つに分けられます。

また、ライフスタイルが近年は変わってきているため、散骨や樹木葬など供養のいろいろな方法を選択することができます。

公営墓地

公営墓地は、地方自治体である市区町村・都道府県などが運営・管理しているものです。

メリットとしては、

  • 運営が地方自治体であるため、安心感が永続性においてある
  • 比較的管理費や永代使用料が安くなっている場合が多い
  • 自由に石材店を選択することができる
  • 宗派や宗旨などの制約が宗教的にない

ことが挙げられます。

一方、デメリットとしては、

  • 不定期な募集で限定された受付期間であり、当選しないと購入できない
  • 募集区画が限られており、好きなところに建てられないことがある
  • お墓の大きさ・形状が決められている場合が多い
  • 申し込みする際の条件として、遺骨の有無や住民票の所在地などの制限がある

ことが挙げられます。

民間墓地

民間墓地は、運営委託を事業主体である宗教法人・財団法人・公益法人・社団法人から受けた民間会社によって、運営・管理されているものです。

メリットとしては、

  • 購入する人の制限が多くなく、宗派・宗旨を問わない場合が多いため、選ぶ場合に条件を気にする必要がない
  • 比較的自由に区画の場所や広さ、墓石のデザインを選択することができる
  • 法要の施設や駐車場などが充実している場合が多い
  • 亡くなる前に購入できる

ことが挙げられます。

一方、デメリットとしては、

  • 購入する人は石材店を選択できない
  • 管理費・永代使用料が公営墓地と比べると少し割高な場合がある
  • いい条件のお墓はすぐに販売されるため、希望の場所が購入できない場合がある
  • 管理の面や経営の安定性において、墓地によっては違いが出てくる場合がある

ことが挙げられます。

寺院墓地

寺院墓地は、管理・運営を寺院が行っている檀家だけの墓地で、ほとんどの場合は寺院の近くあるいは境内にあります。

メリットとしては、

  • 寺院の檀家になることによって、相談が葬儀や供養、法要についてできるので安心である
  • 永代供養を承継者がいなくなった場合にはしてくれる場合が多い

ことが挙げられます。

一方、デメリットとしては、

  • その寺院の宗派にお墓を購入する場合には合わせる必要がある
  • お寺の活動・行事へ参加したり、寺院を維持したりするために、檀家として寄付などを要求される場合がある
  • 自由度が墓石のデザインについては少ない
  • 寺院側から石材店を指定される場合があり、石材店を自由に選択できる場合が少ない

ことが挙げられます。

共同墓地

共同墓地は、先にご紹介したような墓地の形態以外のもので、数件の世帯で墓地についての法律ができる前から作られた墓地のことで、管理・運営を小さな地域の団体で行っているものです。

なお、現在は共同墓地を自由に作ることはできません。

メリットとしては、

  • 比較的墓地代は安価である
  • 区画整理を墓地の中でしたり、墓地を何かの事情によって移して余剰地ができたりした場合は、管理者が許可してくれると購入できることがある
  • 他の墓地に比較して墓地規則は割合ゆるやかである

ことが挙げられます。

一方、デメリットとしては、

  • 基本的に、増設したりするのはできないので、新しく購入することが困難である
  • 他の墓地と比較すると施設等が劣る場合がある
  • 住職の手配は自分で全て行って、法要、法事は自分で管理する必要がある

ことが挙げられます。

永代供養墓

永代供養墓は、管理・運営を寺院が行っている墓地で、寺院の近くあるいは境内の土地にある場合が多くあります。

メリットとしては、

  • 宗教的な宗派や宗旨などの制約がない
  • 管理費や永代使用料が割合低くなっている場合が多い
  • 亡くなる前に購入できる
  • 費用を一式支払ってしまうと、先々のお布施や管理費は必要ない
  • 永代供養を承継者がいなくなった場合でもしてもらうことができる

一方、デメリットとしては、

  • 遺骨を返却してもらうことができない
  • 区画が限られており、埋葬を好きな場所に行うことができない
  • 基本的に増設したりできないので、複数体を追加で埋葬する場合には新しく購入することが必要になる

ことが挙げられます。

なお、このような墓地のメリット・デメリットなどは、地域によっても違っている場合があります。

そのため、詳しいことについては、それぞれの墓地に確認してみましょう。

その他のスタイルのお墓

近年、お墓に納骨するというような考え方は、お葬式の事情によって変化しつつあります。

「納骨堂」という遺骨を骨壺に入れて安置しておくものや、「樹木葬」という墓石を建てない環境に優しいものなど、お墓のスタイルはいろいろです。

お墓を選ぶ場合には、ここでご紹介したようなお墓のメリット・デメリットを参考にしましょう。

宇都宮市民葬祭

宇都宮市民葬祭

新着投稿

カテゴリー