お墓が消える!?2つの理由!

少子高齢化が進む中、以前はお墓を建て子孫が維持をしながら供養をしていくのが当たり前だったのも変わってきました。高齢者が増え少子化となり、各家族化が進むようになりお墓を維持していく事が困難な時代となりました。そのため多くの石材店が廃業又は、業態変化をせざる負えない時代に突入しております。

 

お墓が消えている状況

維持する子孫がいない

少子化となり、お墓を維持する方がいなくなり墓を建てるより墓じまいが急増しております。

お墓の石材を撤去し、お骨を取りだして散骨又は永代供養を行います。

その後、更地で返却するのが墓じまいとなります。

ここ数年で、お墓を立てる方は殆どいなくなり先祖代々のお墓ですら墓じまいを行うようになっています。

そのため、増えていますのが散骨や永代供養となっています。

遠方での生活

お墓を建てなくなった

もう一つの理由がグローバルな社会となり

各家族化が進み同じ地域に留まる生活から広く移住する方も急増しており

遠方のお墓を維持できないのが理由となっています。