IOT5G一番進むか!?医療

近頃は、IOT・5G・AI・ブロックチェーン・シェアリングなど半導体の進化でテクノロジーが急速に進むようになって来ました。このままの進化が進むとどのような未来が待っているのか?これは誰も解らないが、筆者が考える医療をベースにした未来予想をしていきたいと思います。

5Gで医療の進化

医療ロボット

現在、世界的に広がりを見せているのが医療ロボット!インティティブサージカル社のダビンチは、特許切れになった現在も尚他社の追随を許さないほど信頼のある医療ロボットになっている。今まで出来なかなった繊細な手術も可能とし、名医の技を記録することで再現や機械学習を行う。今後、5Gが普及することで遠隔が可能となり医療格差が無くなることに期待したい。

ナノテクノロジー

ナノテクノロジーは一見、医療とは関係ないように感じるが筆者が最も注目している。各社が開発している体内に目には見えないほどの検査ロボットを張り巡らし、現在の体の状態を常に検査していくのに応用している。実現が出来たときには、現在の体の状態が解り非常にワクワクする。

早期発見

テクノロジーが進化し、リアルタイムでの検査が可能となれば、いつどこで誰が異常になっているかを把握することが可能となり筆者が思うに人間の寿命が延びていくと思っている。また、医師の負担や看護師の負担も軽減され人は、心のケアの部分に専念できるようになっていくと思っている。

IOTの世界

全ての物がネットで

半導体の進化と通信の進化で、全ての物が繋がった世の中を想像してみてほしい。自動運転で走る車、自動化されたマイホーム、多くの検査ロボットが活躍する人など。あらゆるものが、繋がる事で情報を共有していくだろう。今日は、どこに行きたいかと思えば自動運転車両が迎えに来てくれ、寒いと思えば自動でエアコンが室温を調整してくれる。想像するだけでも便利だなと思うだろう。

運命予想そして回避

人それぞれに寿命がある。ほとんどの人は、寿命を全うできず不慮の事故や病気で命を落としている。人は、自分の運命は何歳までなのだろうと皆が思う事だろう。もし、全ての物が繋がり情報を共有できる世の中になったら当然、不慮の事故は無くなる。この世界を自動車各社は目指している。もう一つ病気に関しても、医療ロボット・ナノテクノロジーなどで進化を遂げれば、もはや病気とは無縁になっていくと思う。全ての人が、人間本来の寿命を当然のように全うし老衰が当たり前になって行くのではと思っている。さらに、脳=AIの時がきたら人の体は意味を持たず脳だけでも永遠の命を得る時が来るのかなと想像は膨らんでしまうのは筆者だけでしょうか?

お葬式の手配アプリ

企業動画

お葬式手配無料アプリ案内動画


企業PV1

企業PV2

システム紹介動画

葬儀場・宗教・墓地予約デモ動画