進む葬儀業界の大変革

現在、超高齢化となった日本ではあらゆる業種が大変革を求められています。数少ない需要が見込まれている葬儀業界にも大変革が求められています。お葬式の傾向は時代と共に変化してきました。家族や近所の方が助け合って行っていた自宅にての葬儀から葬儀社が生まれ葬儀ホールが各地で建設されホールの時代となってきました。ホールの時代から家族葬が増え火葬場と隣接する斎場葬の時代となっています。そして現在、今後の日本経済を感じて多くの方が家族へ負担を掛けたく無いと火葬のみを行う火葬式の時代へと変わっています。もはや従来の葬儀社が行う業務も激減し存在すら不要の時代となっており、解らない家族へアドバイスが出来る仕組みが必要とされています。

葬儀の歴史

家族と近隣者で行う自宅葬

葬儀ホールでの葬儀

斎場での葬儀

現在)家族が家族のために行う

大きく日本全体が大変革を求められており、例外なく葬儀業界も大変革を求められています。本来、葬儀は見知らぬ葬儀社に行って貰うものでは無く家族が家族のために家族で行う事が本来の姿では無いでしょうか?そんな全く解らない家族を支援するツールを目指し構築を進めているお葬式アプリ。

お葬式手配無料アプリ案内動画

葬儀場・火葬場・宗教家・墓地予約システム


企業PV1

企業PV2

システム紹介動画

葬儀場・宗教・墓地予約デモ動画


お葬式の手配アプリ

https://fswa-net.com/

お問い合わせ

info@fswa-net.com