増える散骨!3選

近年、各家族化や高度高齢化社会となった日本では墓地を建てる方が無くなり墓地を補修して維持する方と墓じまいや散骨を行う方が急増しています。人口減少に伴い時代の流れから散骨を選択するのは、自然な流れではないでしょうか?今回は、この散骨についてどのようにするかを事例を交えて御紹介します。

散骨

粉骨

日本の法律では、散骨についての規定では2~3ミリ以下に砕いたものを散骨する規定があり場所については、常識の範囲で行うようにとされています。例えば、隣の土地にお骨を撒けば土地の持ち主より苦情があり問題となります。同様に川に撒けば一級河川なら国より苦情となります。そのため、海沖2キロならば持ち主からの苦情もないために近年は、利用者が急増している理由にもなっています。市民葬祭にて粉骨を税込11000円にて行っているので参考に!

 

海洋散骨

海洋散骨では、人数によって船の大きさが変わります。例えば2人までは、小型の船となり2~5人では、中型の船となります。

手元供養

粉骨されたお骨を箱などに入れて供養を行う手元供養も増えています。

アプリ

お葬式の手配アプリ

動画

お葬式手配無料アプリ案内動画


企業PV1

企業PV2

システム紹介動画

葬儀場・宗教・墓地予約デモ動画


お葬式の手配アプリ

https://fswa-net.com/